いろいろかくよ

私事の書き殴り


スポンサーリンク

寿退社はいつにするのが金銭的に得なのか真剣に検討してみた。

彼におんぶにだっこの生活を望むことはないが、

一生に一度寿退社をしてみたいという夢がないわけでもない。

乙女心は複雑ですな。

今日は、寿退社をお得にできる時期を検討してみました。

 

保険料がお得になる月末の1日前はどうか


正社員も派遣社員も、働いているときは厚生年金に加入しています。

会社を退職すると厚生年金の資格を喪失し、国民年金に切り替えます。

正確には、厚生年金の喪失する日は退職の翌日からになります。

例えば1月31日に退職した場合、2月1日に資格が喪失されますので、

1月分の厚生年金はこれまでと同様に会社の給料から徴収されます。

しかし、1月30日に退職すれば、1月の厚生年金は徴収されません。

第三号被保険者になれば旦那さんの保険料のみで国民年金にはいてるので、

お得です。

健康保険についても同様で、旦那さんの扶養に入れれば

自分で支払いをしなくてもよいからお得です。

しかし一定額以上の失業給付を受けている間だけは被扶養者になれない

ので、失業保険をもらったほうが額が大きいはずなので、

すぐに扶養に入れない。

これはお得ではないですね。

 

では、失業保険をもらうならいつ退職するか

私の月給は、21万+交通費3万で24万程度です。

ということで、現状の制度であれば

所定給付日数
  90 日
 基本手当日額
  5,244 円/日
 平均支給額
  157,320 円/月
 支給額合計
  471,960 円

が、いただけるようです。

旦那様の不要に入るには、年間103万円以内に抑えないといけないので、

年始に558,040円以上の金額を支給されてしまうと、

扶養に入れません。

私の場合月々の支給が24万円なので、2月までは給与が振り込まれても良い計算です。

2月に給与が振り込まれても良い、ということは、

2月20日までに退職(私の会社は20日締)しないといけません。

 

結論

寿退社にお得な退職月は2月の給与締日である。

21日ある有給休暇を有効に活用して、

年内にちょこちょこお休みをし、

残りを2月の締日までの出勤日にあてるようにしましょう。