いろいろかくよ

私事の書き殴り


スポンサーリンク

大阪のジュエリーショップ4店舗まとめ!結婚指輪と婚約指輪を決めてきました。

 こんにちは。

最近、結婚準備が忙しくて(言い訳)更新ができていないぺこたです。

以前、こんな記事をアップしました。

www.pekolog.com

 しっかりシリーズ化していこうと思っていたにも関わらず、

指輪を決めてきたので……そのご報告です。

全部で4店舗まわり、直感を信じて俄で契約をしてきました。

今日は、指輪を決めるまでの過程をレポートします。

 

 

おしゃれすぎる、ケイ・ウノ

www.k-uno.co.jp

すごくおしゃれなケイ・ウノ。

こちらは、HPから引用した画像ですが、外観はほんとにこんな感じ。

f:id:pekolog:20160316235246j:plain

入口からおしゃれで、夢がたくさんつまっていそうなお店です。

私が足を運んできたのは、梅田のお店。

まず、店内に入ると、すぐにブライダルのコーナーがありました。

そこで10分ぐらい店員さんと立ち話をした後、お席に案内していただきました。

お席では暖かい飲み物と冷たい飲み物の選択ができました。

私はたくさんお話しするつもりだったので、冷たい飲み物を頼みました。

そして、出てきたコースターが超可愛い。

f:id:pekolog:20160316234732j:plain

あらまぁ、指輪の絵の描いてあるコースターではないですか!

可愛いですね。

肝心の指輪は、こちらを1番気に入りました。

www.k-uno.co.jp

よく雑誌にも掲載されている指輪ですね。

私は結婚指輪と婚約指輪をセットでつけたい!という願望が強かったので、

セットで試着させていただきました。

f:id:pekolog:20160316234727j:plain

はい、こんな感じ。

マリッジやエンゲージは、絶対にプラチナ!と思っていましたが、

ゴールドの指輪の肌なじみがすごくよかったです。

 

接客をしてくださった店員さんも、ご自身の婚約指輪・結婚指輪を選んだときの

お話しをしながら、一生に1度のお買い物について、とても親身に相談に

乗ってくださいました。

結果、ケイ・ウノさんで購入はしなかったのですが、

とても良いお話しを聞かせていただいたので、感謝の言葉でいっぱいです。

 

あと、ケイ・ウノさんは指輪の完成までが非常に速い。

ほとんどのものは3週間ぐらいで作れるんだって!

 

宝石卸店 WATANABE

www.dia-watanabe.co.jp

心斎橋の宝寿堂さんと迷ったのですが、

こちらのお店へ行ってきました。

宝石の卸店ということで、このダイヤがこの価格で!?!?!?

と安すぎてびっくりするようなお値段でした。

石を重視する方でしたら、婚約指輪は卸で購入するべきだと思いました。

Dcolor (色が一番美しい)IF(手に入る中では実質1番純度が高い) EXCELLENT(カットが綺麗)

といったランクの指輪が、20万円台で購入できるなんて、

ケイ・ウノさんや俄さんなどではありえない破格のお値段です。

www.shop-watanabe.com

初めてのジュエリーショップで卸に行ってしまうと、

他のお店の指輪を買う気がなくなってしまうんじゃないかな、と思うぐらい

お安い金額で購入可能です。

 

お店は阪急の17番街。

茶屋町あたりは、ケイ・ウノさんやアイプリモだったかな?など

たくさんのブライダルジュエリーのお店があるので、

同じ日にまわるとアクセス抜群です。

お店に入ると、まず店員さんがショーケースを説明してくださいます。

そして、指輪を入れる台を渡していただけるので、二人で相談しながら

気になる指輪をショーケースから出してじっくり検討できます。

ただし、飲み物が出るようなお席はないので、ほかのお店と比べると

少し残念ではあります。(卸なので当然ですが)

そして、結婚指輪の品数が非常に少ない。

宝石店なので、婚約指輪だけを買いに行くお店なんだろうな、と思いました。

 

私はセットリングにしたかったので、その時点でこちらでの購入はあきらめましたが、

結婚指輪を購入した上で、それにあう婚約指輪を探しに行くのはアリだと思いました。

 

店員さんも親切でしたが、

今回は私たちの希望とお店のスタイルがマッチしなかったので、あまりたくさん

お話しをすることはありませんでした。

 

ダイヤが美しすぎ!ラザール・ダイヤモンド

外資系のダイヤモンドが美しいお店。

店員さんの話では、GIA(世界最高峰のダイヤの鑑定機関)にも

見本のダイヤを提供しているような技術のあるお店だそう。

www.lazarediamond.jp

購入は、日本のメーカーでしようと思っていたのですが、

一生に一度の機会だしな、と思い足を運びました。

ちなみに予約していったら2000円分のJCBギフトカードがもらえます。

4店舗目に訪れたお店だったのですが、

お店に入るといかにも高級店!といったお店で、

すぐにお席に案内していただきました。

各お席にショーケースがあるイメージです。

お席では、飲み物とチョコレートをいただき、いざ指輪選び。

f:id:pekolog:20171022214801j:plain

こちらで1番気に入ったのはこの指輪です。

結婚指輪に小さいダイヤモンドが入っているのですが、

指輪を横から見るとダイヤの石の形がはっきりと見えるという

構造の指輪でした。

お、おしゃれすぎる・・・・。

 

店員さんはすごく丁寧で、ダイヤモンドの美しさ、希少性などを

非常によく説明してくださいました。

とても勉強になったし、実際にダイヤモンドはとても美しかったのですが、

1つ残念なことがありました。

おそらく会社の方針だとは思いますが、私は「彼と一緒に」指輪を選びたい。

結婚指輪をつける時間は婚約指輪より長いのだから、

結婚指輪に合う婚約指輪を!という話をしていたのです。

しかし、「男性からのお気持ちですから」ということで、

彼が私に「選んであげる」という方向で話が進みそうになっていたので、

少し私たちの価値観とは合わない部分がありました。

 

ほんとに、お店によってさまざまだなぁ。

しかし、ダイヤモンドは美しい!

店員さんからはダイヤモンドの知識や、実際に出していただいたときの

輝きについても見せていただき、最後には直筆のお手紙までいただいて。

私たちの価値観と合えば、十分に購入を検討したかな、といところでした。

 

ここに決めたよ!俄

はい、こちらで決定いたしました。

www.niwaka.com

 

お店は百貨店にも入っているのですが、梅田のハービスENTの中に

ショップが入っています。

百貨店で購入しても品物は一緒なので、もちろん良いかとは思いますが、

せっかくなのでショップに行きましょう。

ゆったりしたお席なので、時間をかけて検討することができます。

また、ハービスENT自体が落ち着いたお店が多いので、

ゆっくり時間をかけた買い物がしやすい雰囲気になっています。

 

最初に訪れたお店で、1番初めにたくさんの指輪の知識をお勉強させていただいた

俄さん。

店員さんも購入をせかすような方ではなく、3店舗のお店をまわった後の迷いも

素直に相談させていただきました。

ほんとに、身近な先輩に相談させてもらっているような感覚で

一緒にお気に入りの指輪を選ぶことができました。

 

指輪を選んだポイントは、セットリング。

婚約指輪をたんすの肥やしにしてはもったいないので、

結婚指輪と婚約指輪をセットでつけたいと思えるデザインのものを選びました。

そして、小さい私の手と、大きい彼の手に合う結婚指輪を取り扱っていたこともポイントでした。

彼も、付け心地の良さを満足してくれたので、それも決め手でした。

そして、私に似合っている指輪と彼がイチオシだったので

迷いまくりましたが、無事2人にとって大切な1本を決めることができました。

 

俄さんで指輪を作るときの注意点としては、

指輪ができ上げるまでに2カ月かかります。

結婚式をすぐに控えてるよ!って方は間に合わないかも。

 

初回の記事の反省

私の手は小さいので、0.3ct なんてつけたら大きすぎるよ!!!!

と初めて指輪を見ていたときは思っていたのですが、

なんだかんだで目は慣れていくもの。

2度目にショップを訪れた時には、0.3ct の指輪でも、

浮いているようには見えませんでした。

結局0.3ct 台のダイヤをプレゼントして頂くことになりました。

指輪の土台部分がシンプルなので、一粒のダイヤが非常に栄えるデザインです。

 

まとめ

・ケイウノさんはとてもおしゃれ。

価格帯は俄と同じぐらいですが、俄は和風でケイウノは洋風。

変わったデザインの指輪がたくさんありました。

・WATANABEさんは石を買うところ。

宝石のお店なので当然ですね。

婚約指輪を買うときに2人であれこれ言いながら決めれる感じが

良いと思いました。また、価格も非常に良い。

・1度はみておきたい美しさ!ラザール・ダイヤモンド

こちらもダイヤのお店だけあって婚約指輪に力をいれていると思いました。

また、結婚指輪もダイヤが入っているものが多いです。

そして石が非常に美しい。

 

・俄

全てが良かったとしか言えない(●´ω`●)

届くのが楽しみ!

また、俄で指輪を買ったことにクローズアップした記事を書こうかな。