いろいろかくよ

私事の書き殴り


スポンサーリンク

【原因別・便秘一覧】出勤前に便秘を語ってみた【うんこ】

おはようございます。

ぺこたです。

今日は、出勤前に便秘について語りたいと思います。

 

私は、よく便秘と下痢を繰り返してしまいます。ただの不規則な生活が原因だと思っているのですが、今日はこの「便秘」のほうの原因を徹底的に調べ上げ、語りたいと思います。

 

f:id:pekolog:20160607085727j:plain

便秘の定義と原因

便秘とは、4日以上便が出ていない状態と定義している医学書が多かったです。

しかし、毎日排便があったとしても、便が硬く、排便が困難ならば便秘です。

つまり本人が不快なぐらいうんちが硬くて出なかったら便秘ということです。

 

腸管の神経が弱っている

腸管の神経が弱っていると、便は排せつされません。

うんこは腸を通って出て来るというのは周知の事実。

ここが弱ると、排便は困難になりますよね。

原因は高齢化・食物繊維の少ない食事により腸が刺激されない…ことです。

これを専門用語で弛緩性便秘と呼びます。

 

腸の最後の部分(直腸)の感受性が弱くなっている

うんこの通り道は腸ですが、おしりの穴まで、ノーマルな腸でつながっているわけではありません。

(ルートはずっと腸の仲間だけど)

直腸と呼ばれる、最後にうんちを通して外へ出す腸があるのです。

この直腸が、うんこが来たよ、出そうよ!!と言ってくれないと、排便できないのです。

そして、この直腸、うんこを我慢すれば我慢するほど、沈黙の臓器となります。

つまり、電車の中や授業中・会議中などでうんちを我慢すると、直腸が正しく機能しないのです。

これを、専門用語で直腸性便秘といいます。

 

スポンサーリンク

 

うつ病であるなんかだるい日が続く

副交感神経が過剰に緊張してしまったり、過敏性腸症候群になると、便秘になります。

副交感神経・交感神経と呼ばれる自律神経系が乱れてしまうと、体をつかさどる昨日が低下しますから、便秘になります。

これが、専門用語で痙攣性便秘と呼ばれるものです。

 

対策

食物繊維の多い食事をとる

食物繊維=健康的!のイメージは多くの人が持っていると思います。

では、この食物繊維の定義とは何か。

食物繊維は、人の消化酵素で消化できない物質を刺す言葉です。

この食物繊維が胃や小腸で消化吸収されずに排せつまでのルートを進むことで、腸内のうんちを直腸へ運ぶ手助けをしてくれるのです!

よって、食物繊維をしっかりとることが、便秘の対策となります。

下剤を使う

深刻な便秘の場合はドクターや薬剤師の指導が必要ですね。

使いすぎると、マヒしてくるので注意

排便習慣をつける

便秘の原因は、すべて解明されているわけではありません。

習慣をつけてあげることで、体が慣れてくると、便秘が解消される例も多くなります。

決まった時間の食事と排便を行いましょう。

専門的な言葉では、決まった時間の胃腸反射を起こしましょう!ということです。

原因疾患を直す

痙攣性便秘のときは鬱の治療が必要なことも。

また、上に書いていない便秘として器質性便秘といいうものがあります。

これは臓器の異常、病による便秘です。

こうなってしまっては、便秘よりも先に治してあげないといけない部位があるということですから、原疾患を治すことは非常に大切です。

 

以上、ぺこたの便秘まとめでした!