いろいろかくよ

私事の書き殴り


スポンサーリンク

管理栄養士が教える、ハンバーグやぎょうざのタネの味見方法

こんばんわー!ぺこたです。

本日夕食にバンバンジーと餃子を作りました。

職業病?なのか心配性なのかは分からないけれど、
私はハンバーグやミートローフが餃子のタネなどは味見をしないと我慢できません。

ふつうにやってれば、レシピ通りやっていればおいしくできるはず!
とは毎回思っていますが、必ず味見をしたくなります。

しかし、調味料と生肉と野菜が入っているだけの状態では、味見ができませんよね。

 

どんな味の料理が完成するんだよぉぉぉ…。

それによってソースの味付けも変わるんだよぉぉぉ…。

そんなときに、私の実践している方法をお伝えします。

簡単すぎてなんやねん!ってツッコミは無しでお願いいたします。(笑)

f:id:pekolog:20160812220152j:plain

 

スポンサーリンク

 

 

ハンバーグやぎょうざのタネのあじみはこうするよ!

まず、普通にレシピ通りに作ります。

今回私はぎょうざを作ったので、おろしにんにく、おろししょうが、ごま油、少しのお醤油を混ぜました。

肉はもちろん豚ミンチ。野菜はニラとキャベツを入れました。

ニラとキャベツは軽く塩もみしておくと、しんなりするのでたくさん入れれます!

野菜をたくさんとるためにやってます(^^)/

 

少し話がそれましたが、味見の際はタネの一口大をラップにくるみます。

f:id:pekolog:20160812220228j:plain

そして10秒~20秒、レンジでチン!

f:id:pekolog:20160812220232j:plain

しっかり肉汁も見えますね!

ラップに包んでレンジすると、簡単に火が通るのでおすすめ。

時間は10秒あればほとんどのものに対応できますが、ソースの味見にも使いたい場合は多めにくるんで20秒チンしています。

 

ここでおいしかったらテンションが上がります(^_-)-☆

なんだかおいしくなさそうに見えるけど、すっごく美味しいよ!!

これならいける!今夜の夕食はキミに決まり!

あとは餃子の皮に包んで焼くだけやー!!

 

私は、大量調理の現場では絶対にやっています

調理のプロは調理師さんですが、厨房の責任者は管理栄養士です。
患者さんや入居者さんに味見をしていないものを提供するのは、
ちょっとどうなのかな…。

というわけで、出勤している日で時間的に対応可能なときは必ず味見をしていました。

大量料理をすると味が濃くなる

管理栄養士や調理師が魔法のレシピを持っているわけではありません。

自分の経験、学んだ知識、料理本やクックパッド先生を有効活用して、おいしい食事を提供できるように努力しています。

そして、料理本やクックパッドを参考にして作った場合に発生しやすい問題があります。
調味料や具材を、同じ割合で4人分調理したときと、200人調理したときの比較では
200人調理のほうが味が濃くなってしまう場合が多いのです。

調味料は2割マイナスぐらいで調理をして、薄かったら足すようにしていましたし、調理師さんもそうしてくれていました。

そして、仕事中にハンバーグの味見をせねば…と思ったときに考えたのがこの方法でした。

家でもやっていますよ!

まとめ

こうやって記事にすると、すごく簡単はことしかお話ししていませんね。

少し恥ずかしいかも?ラップしてチンするだけやん…。

でも、ハンバーグやぎょうざのタネの味見ができなくて困っている人もいるんじゃないかなぁと思い、今回記事にしてみました。

誰かの参考になれば嬉しいな(^^♪