いろいろかくよ

私事の書き殴り


スポンサーリンク

管理栄養士や栄養士でも調理業務に従事しないといけないの?の疑問に答える

管理栄養士や栄養士でも調理業務に従事しないといけないのでしょうか?

早番、中番、遅番のシフトをこなし、手は荒れるし、学んだ知識を活かすようなデスクワークなんてほとんどできない。あーもうやだよう……。

今回の記事では、このような調理業務や調理補助業務のみに従事している栄養士、管理栄養士さんがこのまま仕事を続けるべきかどうかについて考え、私なりに2パターンの結論を出してみました。

 

 

f:id:pekolog:20170115173043p:plain

スポンサーリンク

 

結論1:新人のうちは調理場業務をのみでも続けるべき

新人のうちは、そのような業務のみでも続けてみましょう。後に事務所作業に入るときに非常に役立つでしょう。
と、いわれても、新卒ピカピカの栄養士さんの多くは、「もう耐えられない!」「デスクワークの仕事はないの!?」「辞めたい…」と悩んでしまうでしょう。

 

綺麗事かもしれませんが、厨房に入ることで手に入るスキル、メリットはたくさんあります。

 

簡単に表現すると、調理技術が身につく&現場を理解できるようになることですね。
仮に調理をしていなくても、調理補助についていると調理師さんの作業を間近でみることになるので、どういった段取りで調理をしているのか、どの献立のときは現場が忙しいのか、が分かるようになるでしょう。これは厨房責任者として仕事をすることになったときには理解しておかないといけないポイントです。これが分からないとシフトが組めないですし、献立作成のときもややこしい献立を同じ日に入れてしまいがちになります。

 

私は現在施設側管理栄養士として(厨房は直営)ほぼ事務所ばかりの勤務をしています。委託時代から大規模な特養や病院にいたため、事務所勤務中心でした。現場ばかりやっていた同期には羨ましいといわれることもありましたよ。しかし、「集中して現場に入る」という下積み時代を過ごしていないので今でも現場について分からないことがたくさんあります。そんなときは調理師さんに確認したり、パートさんの意見を聞いたりというコミュニケーションで現場力の無さをカバーしているのが現状なんだな……。

 

そして、現場だけ考えてたらいいっていうのも今となっては羨ましいです。献立、発注、月末書類のことを考えながら現場に入ると、どうしても空き時間を見つけて事務所に戻ることを考えちゃうから…。現場以外に責任を持っていない新人さんこそ、現場でのスキルを高めてほしいな。

 

という私の経験からも、新人さんは現場に入ることをおすすめします。歳を重ねるごとに事務所仕事を任されたり、責任者になったりすることが増えるので、現場に集中できる時間がなくなっちゃうんですよね。

 

結論2:2年たっても事務所に入れ無さそうなら辞めちゃえ

1、2年と月日がたっても事務所に入れないのなら、辞めてしまうべきです。
栄養士の「本来の仕事」は事務所にて献立、発注、書類管理をすることですから。管理栄養士なら栄養マネジメントもね。

転職の際に「栄養士として10年のキャリアがあります。調理師、盛付け、洗浄、衛生管理ができます。献立作成や発注、原価の管理は未経験です。」じゃあ、栄養士経験があるとはいえないです。

栄養士業務をするにあたって現場の経験があるとそれを活かすことはできますが、例に挙げたような人の場合は栄養士業務は未経験という扱いになります。キャリアが10年あるなら、事務所勤務の経験はもちろん、2回くらいは監査も経験がしておきたいですね。ベテランの栄養士を雇うとなれば、お給料も責任者クラスのものを払わないといけないのに、事務所のことが分からない、監査も未経験では少し頼りないかもしれないですね……。

ということで、調理場だけの業務しか任せてもらえない、事務所の席が空かないような職場は2年で見切りをつけましょう。新卒で就職したならこの時点で20代半ばでしょうから、まだ新人さんの転職として受け入れてもらえるでしょう。

 

まとめ


現場に出るのは大切なこと!2年は頑張ってみてはどうでしょうか。
ただし、2年以上経っても事務所に全く入れてもらえないなら見切りをつけて次の仕事を探しましょう!