いろいろかくよ

私事の書き殴り


スポンサーリンク

管理栄養士や栄養士の年収について。給与明細もつけて解説するよ。

管理栄養士や栄養士は収入が低い!とよく聞きますね。

ネット上では退職理由が「生活が成り立たない」ということもしばしばあるほどです。この業界の給与は低いのでしょうか。

 

今回の記事では、新卒管理栄養士として委託会社に勤務していた頃から、現在の給与まで、給与明細を大公開します!

(写真付きじゃなくてごめんなさい(^_^;) )

 

f:id:pekolog:20170119233933j:plain

 

管理栄養士、栄養士収入は低いのかを検討していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

予備知識


管理栄養士、栄養士の多くは女性です。最近は男性も増えてきたようですが、共学でも男子の割合は10%程度でした。


ということで、本題に入る前に女性の平均年収を記載しておきます。

 

28歳女性の平均年収は、358万円だそうです。
また、22歳女性では256万円だそう。
ソースはこちらから

働く女性のホンネ 女性の平均年収ランキング 2014(年齢別) |女性の転職・求人情報 ウーマン・キャリア

今の私の年収は350万円超えてるかなぁー?(^_^;)
では、みていきましょう!

新卒委託時代

 

新卒で入った委託会社は四大卒(管理栄養士)の場合、給与が18万5千円でした。

 

✳明細

基本給 150,000
管理栄養士手当 30,000
非課税通勤手当 15,220
支給合計 200,220

健康保険 9,960
厚生年金 18,182
雇用保険 801

食費 2,200 (100円×出勤日)

 

手取り 165,877

 

こちらが新卒時代の手取り収入でした。

(保険のなどの控除の金額は平成28年度のデータで計算しています)

 

ボーナスが年2回10万円ほど出ていたので、1年目の年収は額面で260万円といったところでしょう。


冒頭で紹介した22歳女性の平均収入は256万円とのことですから、極端に収入が低いわけではありませんね。


委託時代怒涛の20連勤をしたときの収入

私の入社した給食会社はブラックだったので「残業代払わないなら明日から出勤しません」と上司に言い切るぐらいの人でなければ残業代が払われない会社のでした。

私は委託をクビになっても怖くなかったので、残業代をしっかり支払ってもらいました。笑

とんでもないブラック企業だ……。


しかし、残業代の支払いも基本給ベースで計算するという非常にグレーな会社のだったので、時給にするととても安かったのを覚えています。

さて、病院のオープンをした時の給与明細を公開します。
残業まみれの1ヶ月の給与がこちら。

 

✳ 明細

基本給 150,000
管理栄養士手当 30,000
非課税通勤手当 15,220
休日出勤手当 7200×5=36,000
残業代 892×56=49,952

総支給額 28,1172

健康保険 10,956
厚生年金 20,000
雇用保険 849
住民税 9,650(すいません。だいたいです)

 

手取り収入:23,9717

 

忙しくてまかないを食べていないため、食費はひかれておりませんでした。

一時的な収入がアップなので、前年度を基準としている控除額は少ないです。
残業と休日出勤によってハードワークだったことが分かりますね。

委託でも、これだけの時間労働すれば稼げることが分かりましたが、二度とやりたくありません。

 

現在の給与明細

 

現在は年間休日110日の直営管理栄養士です。
委託の時よりも給与面では待遇がよくなりました!

 

✳明細
基本給 195,000
管理栄養士手当 5,000
責任者手当 15,000
交通費 33,500
総支給額 248,500

健康保険 11,952
厚生年金 21,818
雇用保険 994
市民税 12,500(こちらもだいたいです)

食費 6,000 300円×出勤回数

 

手取り:195,236

 

委託の時よりも基本給がぐーんとあがっています。
せこくない給与待遇ですね。残業代が極端に安くならずにすみます!
現在は残業が少ないので、残業したらその分早退して調整をしています。

 

ボーナスは2ヶ月分が年2回支給されますので、年収は344万円程度になります。
28歳女性の平均年収が358万円なので、こちらも極端に低いようではないですね。

 

栄養士の給料は低いのか、よく考えよう

 

現在の日本の平均年収は400万円程度ですから、それとくらべると管理栄養士や栄養士の給与は低いと言えるでしょう。


ただし、栄養士は女性が多い職種であり、女性の平均収入と比較するとそこまで低いとは言えないのが現状のようです。

 

しかし……男性の場合、家族を養えるほどの収入を得ることは難しいのではないでしょうか。

 

栄養士の知識を活かして食品メーカーで総合職としてバリバリ稼ぐ、管理栄養士の中でも一流の大学病院に勤務する、給食会社で昇進して役職につく、などの努力が必要でしょう。


給食会社勤務の頃は、本社の管理栄養士で妻子を養っている人もいましたので、高給を狙える栄養士の仕事も探していけば見つかります。

 

せっかく手に入れた管理栄養士免許、栄養士免許を給料が安いという理由でお蔵入りさせてしまっては勿体無いですよね。

工夫次第で一般的な収入を得ることもできる資格ですから、頑張ってそのような職場を探しましょう。


また、現在の日本は不景気です。

薬剤師や看護師と比べると給与は低いですが、管理栄養士、栄養士は日本の女性の平均年収を得ることができる仕事ですよ。