いろいろかくよ

私事の書き殴り


スポンサーリンク

浜崎あゆみの『A ONE』を聞いてほしい

別にお酒なんて飲んでいませんが、今日は大好きな浜崎あゆみについて、

 

グダグタ話してみようと思う。

 

ただ、あゆが好きってだけのつぶやき。

 

 

現在アラサー女子といわれる私たちにとっての歌姫は浜崎あゆみです。間違いなく、平成の歌姫はあゆである。

 

 

今の若い子、大学生にとっては古い、デブ、おばさん、痛いなんて思われているそうですが(ネット情報によると)。

 

あゆも、もうアラフォーなんだから、太って当然。

 

いやでも、一昨年くらいに参戦したファンクラブライブでは、いつもも細くてかわいいあゆだった。

 

 

今の子たちからしたら、あゆは「ダサい」のかもしれない。

安室奈美恵と比べたら「おばさん」化が激しいのかもしえれない。

 

でも、私にとってあゆは間違いなくスターで、あの頃はみんな浜崎あゆみになりたかった。

 

あゆがやればなんでも流行した。

 

 

私があゆを好きになったきっかけは、正直よく覚えていない。

 

あゆを好きになったきっかけなんて、多分なくて、あの頃はただなんとなく、みんなあゆが好きだったと思う。

 

奇麗な声、かわいい顔、派手なファッション、すべてが完璧で、すべてに憧れた。

 

全盛期のあゆの歌はほとんど知っているし、歌詞まで完璧じゃなくとも、メロディーは完璧に網羅しているはず。

 

 

そういえば、あゆの歌詞をちゃんと読んで、分かるようになったのは、大学生、就活をしたころかもしれない。

 

あの名曲SEASONS、の出だし「今年もひとつ季節が巡って、思い出はまた遠くなった」って、すごい奇麗な言い方だなと思う。

 

And thenの「カンジンなものは案外すぐそばに転がっているという事とそれは目に見えないものだ」という話は昔どこかの誰か顔も覚えていないような誰かに言われたって歌詞は、なんとなくそんな気がする。

 

Progressの「単純な日々を恐れていたのはもう遠い昔 複雑な日々こそ悲しいのを知ってる」なんて心に突き刺さりすぎて痛いわ。

 

 

歌詞の意味を分かるようになり、声やビジュアル、メロディーだけでなく歌詞まで好きになった。

 

もう、あゆ最強じゃん!

 

 

あ、そうだ、でも私も一瞬「あゆ、どこいくの~!?」と思った時期がある・・。

 

Lady Dynamite

www.youtube.com

を出したころのあゆ。

 

このPV、あゆのいいところが全部なくなってて、悪いところがいっぱい出ているようなイメージで、あんまり好きじゃなくて(;'∀')

 

で、一瞬マジか!!ってなって、大学の友達も『びみょー…』ってなって、私も一瞬あゆ離れをしてしまったのだけど。

 

 

で、そういう層の人に、ぜひ『A ONE』ってアルバムを聴いてもらいたい。

 

Last minute」を聞いてほしい。

 

もう、youtubeでいいからきいてほしい。

 

www.youtube.com

 

というか。youtubeでいいか、映像もみれるし。

 

これぞ、あゆ!

 

可愛くて、歌がうまくて、みんなが憧れたあゆ!

 

Trustや、For My Dear…YOU、を歌っていた可憐な少女が大人になって帰ったきたような

 

A song for XX や Memorial Address を彷彿とさせるような

 

でも、最近のあゆらしさも出ていて

 

とっても素敵なんですよ。

 

 

 

 

最近、SMAPが解散したり、安室奈美恵が引退したり、小室哲哉もいなくなって、イチローが事実上の引退のようなことになり、経緯は全く異なるけどTOKIOも、もういつ見れるかわからなくなって

 

寂しいなーとか思うので

 

 

とにかくあゆには頑張ってもらいたい。

 

いつまでも、ステージに立っててほしい。

 

 

あゆ大好きー!!!