いろいろかくよ

私事の書き殴り


スポンサーリンク

敏感肌だけどハイドロキノンでシミ消してやった

 
25歳まではノーファンででも街を歩けましたが、
三十路を迎えて、
シミそばかすが増えまくって困り果てていました。
 
これは、フォトフェイシャルに通うしかない!
 
と思っていましたが、結構お値段が張っていて、なかなか手は出せない……
 
化粧品でどうにかならないの!?と思って、いきついたのが『ハイドロキノン』入りのクリームでした。
 
 

ハイドロキノンって何?

 
ハイドロキノンは、美白の化粧品に入っている成分の一種です。
 
これまで、日本では認められていなかったのですが、
2001年から化粧品でも使用して良いということで、
薬事法が変更になりました。
 
メラニンを作りだしている『メラノサイト』の働きを抑えて、ニキビ跡やそばかすにアプローチしてくれる成分です。
 
私の顔にあったシミには、こんな風に効いてくれました!
 
 
 

f:id:pekolog:20180528210836j:plain

 

こちら、アフターの写真です。ビフォーがなくてごめんなさい。

使い始めて、だいたい1カ月程度かな?

 
写真の下にある点はほくろなんですけど、その他はそばかすなんです。
それが、もっと濃かったんですが、かなり薄くなってきました。 
 
ちなみに、このハイドロキノン
肌の漂白剤ともいわれていて、
 
とーーーーーーってもキツい成分らしく、
 
それが原因で2001年まで法律では認められていなかったらしい。
 
ハイドロキノンを使うときには、
パッチテストを行うよう注意書きがありますし、
 
保存は冷暗所じゃないと酸化してしまう上に、
 
ハイドロキノンを使用しているときは日焼け止めを塗らないと悪化させてしまう、という、かなり強めの成分みたいです。
 

それでもハイドロキノン入りクリームを選んだ理由

 
とーーーーってもキツいって、私敏感肌なんだけど……(;'∀')と、
不安になりつつ使用しましたが、
 
化粧品でシミ・そばかすのお手入れがしたい!(美容皮膚科に行かなくても良い)という強い希望があり、
 
安く、手軽に、継続してケアしていくためにはもう、
コレしかない!と思ったからです。
 
すでに、ビタミンC入りのクリームmトラ入り化粧品は試していたけど、
どれも効かなかったんですよね。
 
最後の頼みの綱として、使ってみるしかない!と思ったんです。
 
これでダメなら、美容皮膚科に駆け込もうと思っていました。
 
薄いうちにフォトフェイシャルでシミ消ししてもらわないと、40歳、50歳になったときが怖すぎる……と思ってましたので。
 

購入前に確認しておきたいハイドロキノンの濃度

 
ハイドロキノンクリームは、商品によって濃度が異なります。
 
一般的に市販されているものは、
1%から5%程度までです。
 
もともと、医療機関でしか手に入れることができなかったクリームですから、
 
肌が弱い方に、高濃度のハイドロキノンクリームはおすすめできません。
 
1%から3%程度であれば、刺激が少なく安全性が高い濃度、4%から5%になると、肌への刺激が強いといわれています。
 
といっても、私は効き目がないと嫌だったので、最初から4%の商品に手を出しました。
 
敏感肌ですが、特に問題なく使用できましたので、
しっかり効果を感じたい方は高濃度の商品を購入し、
パッチテストをしてから使用してみてはいかがでしょうか。
 
ハイドロキノンクリームは高価なクリームなので、
効き目を感じることができなかったら、ほんとに勿体ない……。
 

私が使った商品は、プラスナノ

 
プラスナノHQの美容液セットのものを使いました。
5g入りのとっても小さいチューブです。
 

f:id:pekolog:20180528210933j:plain

 
こちはらは、ハイドロキノン4%。
 
もともと、ビタミンC入りの美容液を使っていて、
それが無くなったのもあって、楽天で美容液つきのセットを購入。
 
私が購入した時で、『クリーム2本と美容液で6000円+税』でした。
 
私が購入したセットは、楽天にしか売っていないみたいですね。
 
クリームだけなら3000円で売っているみたいです。クリームだけならAmazonでもお取り扱いがあるみたい!
 
 
公式サイトでは、クリームと美容液がセットで2980円だって!

 
あれ、公式サイトで買ったほうがお得だったんじゃ……
 
と後から少し後悔しています(笑)
 

別に皮膚科処方でもいいと思う

 
私が使ってみておすすめの商品を紹介しましたが、
 
皮膚科に行く時間がある方は、
皮膚科で処方してもらってもいいと思います。
 
もし、肌状態に異常が出たらすぐに見てもらえますからね。
 
私は、市販で購入できるものを、
 
わざわざ初診料を払ってまで購入したくなかったし、
病院へ行くのがめんどくさかったので通販でポチっとしましたが。
 
皮膚科では、先生が取り扱いの注意とかいろいろ教えてくれると思いますし、
 
不安な点を先生に質問できるので、安心したい方は美容皮膚科に駆け込んでもいいでしょう。
 

比較・対象としたけど却下した商品たち

 
購入の際に検討したけれど、結局買わなかった商品を紹介します。
 
この2つの商品と、プラスナノQHと、どちらにするか迷ったのですが、結局購入しなかったんです。
 
まず、キノンクリーム45g。
 
5%の高濃度ハイドロキノンで、たくさん入っているからグラムあたりが安い!(45gで12,960円)
 
しかし、効き目がわからないものに12,960円も出せないなぁと思って購入しませんでした。
 
次に、KISO安定型 ハイドロキノン10%
 
ハイドロキノン10%で5gで2,480円!?と思いましたが、
ハイドロキノン10%って他の商品ではあまり見ないし、
強すぎそう…と思ってやめました。
 
ただ、今回顔に4%のハイドロキノンが効きましたので、
体にシミができたときには使ってみようかなと思います。
 
顔面に使うのはちょっと怖い。

 

さいごに

私は、ハイドロキノンを使って自分のシミを退治できたので、
ハイドロキノンクリームにとても感謝をしています。
 
しかし、ハイドロキノンはもともととても刺激の強い商品です。
 
化粧品会社はあの手この手で商品を売りたいので(笑)いい面しかアピールせず、使用の危険性についてはあまり触れていないでしょう。
 
しかし、日焼け止めをしっかり塗ること、
必ずパッチテストをすることは重要です。
 
注意事項を良く読んで、正しく使ってくださいね。