ダイエッターNのつぶやき

管理栄養士の実務の話とヨガと雑談

【スポンサーリンク】

インビザライン矯正、2年経った私の口コミ①きっかけとメリットと金額

インビザラインというマウスピース矯正を始めて2年が経ちました。

私のこの記事にたどり着いたということは、今、あなたはインビザライン矯正をしようか迷っているのではないでしょうか。

 

ということで、私がインビザライン矯正を始めようと思った理由やインビザラインのメリットやデメリット、痛みがあるのか、お金はいくらかかったのか、等を数回の記事に分けてお話したいと思います。

 

※途中、歯の写真がでてきますのでご注意を

 

f:id:pekolog:20200201222654p:plain

インビザライン矯正をしようと思った理由と決断できたきっかけ

私がインビザライン矯正をしたいと思ったのは25歳のときでした。

もともと歯並びが極端に悪いわけではなかったのですが、24歳ごろに生えてきた親不知の影響で、歯並びがガタガタに…

特に酷かったのが、上の前歯の2本目の歯が後ろに押し込まれてしまい、前歯が二重になってしまいました

いわゆる二重歯列ってやつです。

 

二重歯列になってからは自分の汚い歯が嫌で仕方がなく、でも、当時付き合っていた彼氏も、友達も、職場の人も、矯正しないと引くくらい汚いわけじゃないよって感じのリアクション。

 

悩んでいるのは私だけ?と思っていたときに母親が放った一言

 

「え。Nちゃんそんなに歯並び汚かった?あんたが今学生やったら、お母さん100万払ってでも矯正させないとあかんって思ったわ~こんな歯だったら娘放置してると思われるな~アハハ~」

 ………え………

 この母の一言には

 ・学生だったら親の義務で矯正させないといけないレベルで汚い

・あ~でももう大人だからあなたの自由ですよ、お金払わなくてよかった

・奇麗な服を着せて美味しいごはんを食べさせて、大学まで出させて大事に可愛い可愛いして育てた私の娘の歯が引くほど汚いという絶望

  があったんだろうと思います。

 そのときに、

 ・世界で一番なんでもいえる人が私の歯を汚いと言ったこと

・お金を払ってでも奇麗にしてやりたいって思うレベルの歯並びであること

 

 から、やっぱりこの歯は恥ずかしいんだ!!!と確信し、歯並び改善のために動くことにしたのです…。

 

矯正を始めたのは、悩みだしてから3年、28歳のときでした。

 

インビザラインを始めて後悔していることはただの1つもありません。

 

インビザラインで2年たった私の歯

 

こちらが、初回のアタッチメントをつけたときの歯です。

ガチャガチャですね。

f:id:pekolog:20200201222509j:plain

開口するともっと悲惨でした。上の歯が。

f:id:pekolog:20200201222516j:plain


これが、今の歯です。

 

f:id:pekolog:20200201222530j:plain

ちょっとへこんでるけど、許容範囲。

f:id:pekolog:20200201222521j:plain


あと少し、写真でみて左側の2番目の歯を動かしたいので、マウスピースの再作成をしていますが、今の時点でも結構満足しています。

おそらく私の症例は結構時間がかかっている方だと思います…

 

ちなみに、つけるマウスピースはこんな感じ

 

f:id:pekolog:20200201223337j:plain

 

透明のマウスピースなので、近くでみないと矯正をしているかどうか分かりません。

ただ、最初はアタッチメントが前の2本の歯についていたので、見た目にも多少の違和感はあったと思います。

アタッチメントは必ず前の2本につくわけではないので、悩んでいる方はそこを確認するといいと思います。

 

インビザラインのメリットと価格

 私がインビザラインを選んだ理由は、矯正器具が目立たないから、ほんとにただそれだけ。

ワイヤー矯正の、いかにも矯正やってます感に耐えられるのであれば、インビザラインにする必要はないと思います。

最初は白いワイヤー矯正も気になったけれど、白でも結構目立つので、やめました。

正直、私は矯正をしている人のワイヤーにあまりいい印象がなかったためです…

 

2年たった今でも、インビザラインのメリットは矯正器具が目立たない以外にないと思っています。

 

価格はワイヤー矯正のほうが安いし、ピンポイントで細かい調整がしやすいため、一般的にインビザラインより早く矯正が終わるらしいです。

現に、私はまだ終わっていませんしね。

 

お金ですが、私がインビザラインにかけた費用は96万円。安いほうではありまえんが、通院やマウスピースの付け替えなど、今後の費用は一切かからない契約で、地元では有名な矯正専門の歯医者さんにお願いしていました。

 

インビザラインは器具を外せる点がメリットで清潔に保ちやすいといわれていますが、外せるということは、装置をつけない時間ができるということ。

自分を律して装置をつけ続けられるのであればいいのですが、今日はデートだしな…今日は友達に会うしな…と、どうしてもつけない日が出てきてしまいました。

あと、酒好きなので、泥酔した日はつけて眠れない日もありす。

2年で終わっていないのは、それが理由かもしれません。

 

基本は毎日20時間くらいは装着できているんですけどね…(;'∀')

まとめ

私は母親が私の歯を汚いと言ったこと、ショックを受けたような様子が背中を押してくれたようで、矯正をはじめました。

絶対に器具が目立つのは嫌だ!という思いが強かったのでインビザラインを選び、価格は96万円でした。

今はとても満足していて、いい自己投資をしたなと思っています。

ただ、装置をつける時間を完璧には守れていないので、少し治療に時間がかかっているのかもしれません。ケース的にガチャガチャだから時間がかかったのかは不明です。

 

歯列矯正をするかどうか迷っている人の参考になればうれしいです!