ダイエッターNのつぶやき

管理栄養士の実務の話とヨガと雑談

【スポンサーリンク】

管理栄養士おすすめのサプリメント!美肌にも貧血にもダイエットにもCP10

肌が荒れてるな…貧血だな…ダイエットしたいな…食事以外に栄養をとりたいな、よし!サプリメント!と思っても、世の中にサプリメントが出回りすぎていて、何を選んだらいいか分かりませんよね。

 

なので、今日は管理栄養士の私が、美肌・貧血・ダイエットのために飲んでいるサプリメントであるCP10を、成分の解説とともにしていきます。

CP10とは、ジュースタイプタイプのこちらの商品のことです。

 

 

f:id:pekolog:20200214005348j:plain


CP10は驚異的な量のビタミンを含み、ミネラルとたんぱく質が補える!

CP10の栄養成分表示をみてみましょう。

f:id:pekolog:20200214005331j:plain

メーカーの成分表示ですでに比較されているのですが、ビタミンやミネラルが、一日に摂りたい量の半分以上をみたしているものがほとんどということが最大の強み。次に、エネルギーとなる炭水化物は8g(32kcal分)、脂質は0g、たんぱく質12g(48kcal分)という面も私たち現代人にとってありがたい組成です。

 

私たち日本人は、ビタミンミネラルが不足しがちです。特に、コンビニやマクドナルドで食事をすませてしまう習慣がある人、夜は居酒屋で簡単にすませる人は、特にビタミンミネラルが不足する生活を送っていることになります。

 

安価で手軽な食事というものには、ビタミンミネラルの不足、エネルギーが高いにもかかわらずたんぱく質の割合が低いものが多い傾向にありますが、抜け出すことは多忙な私たちには無理でしょう。食事のために多忙な生活をやめてしまうと、仕事に影響がでたり、趣味を諦めたり、子供との時間を減らすことになるかもしれません。私は管理栄養士として理想的な生活を推している人間ではありますが、理想と現実との間のすり合わせが一番大事だと考えています。

 

そこで、不足しがちなビタミンとミネラルが補え、たんぱく質が摂れるサプリメントというものを活用することがベストだという答えにたどり着きました。私は、実際に病院でも患者さんに提供しているCP10こそが、最適なサプリメントだと思い、自分自身も飲んでおります。

CP10は肌の再生のために作られた病院向けサプリメント

CP10は、褥瘡(床ずれ)のために作られたサプリメントです。

現代の病院に入院している患者の多くは高齢者で、多くの高齢者が栄養失調に陥っています。栄養失調になると、皮膚が虚弱になり、動けないことで皮膚が圧迫されるため、褥瘡(床ずれ)になるのですが、それは、現代の病院や高齢者施設が抱えている課題の1つです。

そこで、皮膚の合成に必要な栄養素を詰め込んだ栄養補助食品が必要だ!ということになり作られたのがCP10。皮膚の合成には、たんぱく質とビタミンが必須。

CP10にビタミンとたんぱく質を豊富に含まれているのはそのためです。

さらに、高齢者をターゲットとしていた商品であるため、高齢者が不足しがちな鉄や、傷の治療に良い亜鉛を含んでいます。一部のミネラルも摂れるというのはこのためです。

たんぱく質12g中10gはコラーゲンペプチド

次に、美容の面からも大注目されているコラーゲンペプチド。CP10に含まれるたんぱく質の12gのうち10gがコラーゲンペプチドなので、美容の面からも注目したいところ。

コラーゲンはたんぱく質なので、口から摂取しても、消化吸収の過程で分解されるため、肌に対して良い効果はないというのが主流な説でした。しかし近年、コラーゲンペプチドそのものは肌になりませんが、皮膚の合成を促進するということが判明しています。

そのため、床ずれになった高齢者にCP10を使用すると、皮膚の合成が促進され、褥瘡の治療に役立つということは、今では管理栄養士の常識になりつつあるのです。もちろん、状況によって使用しないケースもありますが、皮膚を合成させるための栄養管理において、CP10はよく活躍しています。


管理栄養士の私は美肌・貧血・ダイエットのために飲んでます

管理栄養士の私は、美肌・貧血・ダイエットのためにCP10を活用しています。

一般的な美肌対策のドリンクには、ビタミンB群、C、コラーゲンペプチドが入っているのですが、これはCP10で補えます。先ほど褥瘡(床ずれ)の治療において皮膚再生にCP10を使用しているという話をしましたが、CP10は皮膚に働きかける栄養を豊富に含んでいるので、美肌を期待してCP10を飲んでいます。利用者さんの傷がみるみる治っていくところを生で見ると、私の肌も奇麗にしてくれそうな気がしちゃうんですよ!

次に、貧血対策のためには、CP10に含まれている5.0mgの鉄を摂りたいと考えているからです。生理のある年代の女性には1日あたり10.5mgの鉄が必要とされているのですが、普通の食事からこれを補うことは難しいです。そのため、必要量の半分はサプリメントで補えると、無理にレバーや青菜をたくさん食べなくても良いため、CP10を貧血対策として使用しています。

さらに、ダイエットのためにもCP10を飲んでいます。ダイエットをしているので、運動の後はプロテインなどでたんぱく質を補い、筋肉増進を狙っています。CP10ではたんぱく質が12gとれるので、運動後のたんぱく質補給も期待して飲んでおります。

野菜ジュースより優秀!炭水化物8gで糖尿さんや糖質制限中にもおすすめ!

次に、CP10は炭水化物が8gしかありません。これは糖尿さんにもおすすめしていいくらいの低さです。野菜ジュースを1パック購入すると、炭水化物はおおよそ15~20g程度入っているので、野菜ジュースを飲む習慣がある人にも、より低糖質ということでおすすめします。

ただし、野菜ジュースのようにカリウムがとれないという点はあります。腎疾患の場合、カリウム制限をするのですが、高齢者には腎疾患の方が多いので、高齢者向けに作られているCP10ではカリウムがとれません。

 

お値段は缶コーヒー代+50円程度!

さて、そんなCP10ですが、お値段は1本あたり170円から180円です。

 amazon/・楽天リンクはこちら。

 味は、ミックスフルーツがとっても美味しいです!が、ルビーオレンジ味もあります。 

 栄養成分を理解することが最重要ということは覚えておいてください

サプリメントをチョイスするときは、自分で栄養成分を理解する、身近な管理栄養士さんに相談する、のが正解です。しかし…なかなか身近なところに管理栄養士さんはいませんよね。

ということで、私に聞いてもらってもいいですよ(笑)

https://twitter.com/minipekota

でも、なかなかそうはいかないところもあると思いますので、そいうときは、ネットの口コミを過信せずに、専門家が紹介している商品を選んでおくと良いと思います。

たいていのサプリメントには、「医師・管理栄養士などに相談してくださいね」という一言が書いてあります。サプリメントには通常の食事で摂ることができないくらいの栄養が詰まっている反面、持病がある方には禁忌となるものもあるのです。

私はCP10を激押ししていて、健康な方にはおすすめしますが、サプリメントをチョイスするときは、ぜひ、管理栄養士に相談してみてくださいね!